ちょいと言わせて

親のことは恨んでいい。親孝行なんかしなくていいよ。

いい子でいようとか、親のためにという考えによって苦しんでいるなら、
その考え方捨てませんか?
あなたは一人の個体であり、一つの単独の生物です。
遺伝的に近く、環境的にも近いというだけで、親もまた別の個体です。
無理はしなくていいんです。

親孝行なんてしなくていい。
彼らは好きで産んだんだ。
おろすという選択肢があった中で、自分たちの判断で産んだ。
自分の体を守るため、世間体を守るため、未来に期待したため、産む判断をした。
だから気にしなくていい。
親の期待にこたえる必要なんてない。
物事とは概して期待通りにいかないものである。

父の日、母の日なんていうものは由来を調べれば明らかですが、日本の親とは無縁です。
なんとなく親を意識させられる機会は多いですがまったく気にしなくていいんです。
「あなたが産みたくて産んだんでしょ?」というスタンスでいればいいんです。

生きているのがつまらない、うまく生きられない原因は親にあった。

あなたは親と仲が良いですか?
わたしは、まあ悪くはないし、わりと良い方だけどすごい好きってわけでもないかなという距離です。
そして、虐待を受けたわけでも無いです。
人並みに勉強でき、人並みに生活し、大学も卒業しました。

親というのは2つあります。
1つは生物的な親、育ての親。一般的に親と言って思いつくものです。
もう一つは自分の中の親。
ああしなさい、ああすべきだという基準を押し付けてくる親です。
いわゆる「世間」や「一般論」みたいな、どこにも根拠がないのに自分の中でこうしなければいけないという在り方のことです。
うまく生きられない人は、この2つ目の親にかなり苦しめられていると思います。

  • 人に迷惑をかけてはいけない
  • 働かざるもの食うべからず
  • 借りたものは返しなさい
  • 式場や行事にはスーツでいくこと
  • 一度決めたら最後までやり抜くこと
  • まずは3年同じところで働くこと

誰が決めたかわからない世間一般のルールが何となく正解として自分の中にあり、それを自分に押し付ける。
そしてそれができない自分を責める責める。これでもかというくらい責め、拷問にかける。
そしてことあるごとに、出来ない自分を責め、出来なかった自分を持ちだして責める。

そうなんです。全部自分でやっているんですよね。
それ、あなただけじゃないです。私もそうだったし、今もそうです。

この概念、いつ身についたかというと、多くの人は子供の頃だと思います。
じゃあどこからか?大抵の場合は「親」です。これは生物的な親であり育ての親のことです。

あなたを苦しめる原因となっている内なる親を作り出したのは、実は親なんです。

立派な子である必要はない。

親が自慢できるような立派な子供になりたいと思ったことはあるかもしれない。
けれども、それを続けなければいけない理由なんて1つもありません。

多くの親は自分の子供を「良く」育てようと試みます。
じゃあ「良い」の基準は何でしょう?何より良くしたいのでしょうか。
これは大抵の場合、自分自身です。自分が出来なかったことを子供に託そうとします。

この構図、どこかで聞いたり見たこと無いですか?
お金を返せなかった親の借金を子供が肩代わりをする構図に似ていますよね。
このときあなたはどう思いますか?
「なんで私がこんなことをしなきゃいけないんだ。自分でどうにかすればよかったのに。」
と思うはずです。それと一緒なんです。

自分でやればよかっただろう。出来なかったならやらそうとするな。
そういうスタンスでいい。立派な子供である必要なんてどこにもありません。

あなたは好きに生きていい。もう選択権を持っている。

これを読んでいる方は今何才だろう。
私より年上かもしれない。家庭もあるかもしれない。
同じくらいの年齢で、同じように苦しんでいるかもしれない。
もしかしたらずっと年下で、まだ学生かも知れない。

でも大丈夫。文章が読めるくらいならもう1つの個体です。
あなたはあなた自身の選択をしていい。

世間と違っても良いじゃない。周りと違ってもいいじゃないか。
今ならその理由がわかるはず。
そう、世間や周りという概念はあなたの中の内なる親が言っているだけです。
つまり自分の中でしか成立していないことなのだから従う必要はありません。
何か言ってきたらそれが本当に正しいのか考えるようにしましょう

同じ悩みを持つあなたに絶対に読んでほしい本。

  • 生きるのがつらい
  • この世は地獄だ
  • 幸せになんてなれない
  • 幸せになっちゃいけない
  • つまらない、人生ってそういうもんだ

こんな悩みを持っているあなた、私と一緒です。
はっきり言います、一人じゃないです。私も同じです。

そんな私が救われたと思えた本があったので紹介します。
何かが劇的に変わったわけではありません。
フラッシュバックもするし、ふと沈んだりどうしようもない気持ちになることもあります。
昔した悪いことや昔された嫌なことを思い出して生きたくなくなることは多々あります。

それでももし、あなたが同じ悩みを持っているなら読んでみてほしい本がある。

created by Rinker
¥1,287
(2021/10/19 17:27:01時点 Amazon調べ-詳細)

すべての罪悪感は無用です」という本です。
この本がとにかく優しい。
色んなビジネス本や精神本を読んでいるし、なんならメンタルの門前薬局で働いていますが、すべての人に薦めたいくらいの良書です。
書店で手に取って是非読んでみてください。
中学生の頃に読んでおきたかったなと思っている本です。

ちなみに家庭に問題があった人には「愛」という名のやさしい暴力もおすすめです。

created by Rinker
¥715
(2021/10/19 11:14:51時点 Amazon調べ-詳細)

二冊とも読みましたが、これの4章からもすごくよかった。
正直この2冊だけでいい。この2冊を読んでから他の本を読みましょう。
そのくらい、軸になる本です。

悩みが少しでもやわらげばなあと思いますが、それよりも、
つまらない人生、地獄のような人生だと思っている今が、
「まあ、少し生きてみようかな」と思えるようになればいいなと願っています。